2010年05月28日

<郵便不正>弁護側「異例の判断」 検察側は敗北感にじませ(毎日新聞)

 「一日も早く無罪を」−−。障害者団体への郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の公判が26日、大阪地裁で開かれ、厚労省元係長の捜査段階での供述調書など、検察にとって重要な供述調書がほとんど証拠採用されなかった。村木被告もこの決定を高く評価し、弁護団も無罪への手応えを示した。一方、検察幹部からは「極めて厳しい判断」と敗北感をにじませる声が漏れた。

 村木被告の主任弁護人の弘中惇一郎弁護士ら3人は公判後、大阪市内で会見。検察側にとって重要な証拠の不採用決定を受け、「無罪判決に確信を持った」と自信を深めつつ、「正直ほっとしています」と本音も語った。

 最も関心を寄せていたのは、厚労省元係長、上村勉被告(40)の供述調書が証拠採用されるかどうかだった。15通すべてを却下した結果に、弘中弁護士は「無罪判決が出ることは動かしがたい状況だ」と言葉に力を込めた。

 横田信之裁判長は2時間半近くをかけ、8証人それぞれの調書について、証拠採否の判断とその理由を述べた。弘中弁護士は「理由は簡単に説明するだけと思っていた。極めて異例だ。しっかりした論理構築のうえで出した決定だと示したかったのだろう」と評価した。

 また横田裁判長が、描いたストーリーに合わせた調書を作成する大阪地検特捜部の捜査の進め方を批判した点についても、「誘導を理由に調書の採用を却下した。これまでまかり通ってきた検察、特捜のやり方をかなり具体的に厳しく批判した。内容も着眼点も高く評価できる」と話した。

 村木被告は会見に姿を見せなかったが、「裁判所がていねいに証拠を検討してくださったことに感謝しております。一日も早く無罪が明らかになり、社会復帰できる日が来ることを心から願っております」とのコメントを出した。

 一方、ある検察幹部は「なかなか厳しい。(無罪)判決の行方が見えてしまった」と肩を落とした。玉井英章・大阪地検次席検事は「公判係属中であるので、コメントは差し控えたい」との談話を出した。【苅田伸宏】

【関連ニュース】
郵便不正:村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用
郵便不正:「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁
郵便不正事件:「凜の会」で控訴…大阪地検
障害者郵便割引不正:「凜の会」代表、偽公文書作成は無罪
郵便不正公判:村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定

<訃報>黒田善弘さん85歳=元住友製薬社長(毎日新聞)
西日本大雨、兵庫で記録更新 大阪では休校77(産経新聞)
<普天間移設>米要求に大幅譲歩 現行案と大差なく(毎日新聞)
将棋最高齢の有吉九段が引退(時事通信)
<自民党>中山元外相が離党届(毎日新聞)
posted by マキタ カオル at 16:34| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

雑記帳 初の女子高ボクシング部 でも「殴り合いはイヤ」(毎日新聞)

 女子高では全国初のボクシング部を今春創部した群馬県立館林女子高の選手が、14日開幕の県高校総体に初参加した。出場した5人は実戦資格がないため「模擬演技」で共学校の女子選手らと争った。

 シャドーボクシングや縄跳び、腹筋運動、腕立て伏せのリズム感など計20項目(100点)の総合得点を競うもの。同高2年の佐藤朱莉部長(16)が3位に入り、幸先のいいスタートを切った。

 演技の上達が認められれば実戦への道が開けるが、5人のうち4人は「殴り合いはイヤ」。入部の動機は、ストレス発散やダイエットなどで、目指すは「リング上のプリンセス」という。【鈴木敦子】

<国際バラ展>個性豊かな庭も 西武ドームで12日開幕(毎日新聞)
点滴混入公判 制度本格化へ試金石 専門用語多く負担増す不安(産経新聞)
大胆な財政出動方針、国民新が公約原案(読売新聞)
GW10キロ以上の渋滞、過去最高の408回(産経新聞)
「高速値上げNO!」淡路島の女将ら千人集会(読売新聞)
posted by マキタ カオル at 02:20| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。